スパムに気を付ける

SEOを行う上では、検索エンジンのビジネスモデルを理解しておく必要があり
ます 。検索エンジンは、多くの場合、検索結果画面を自然検索エリアと広告 ( PPC )
エリアに分けており、広告 (PPC) エリアから収益を得ることをビジネスモデルとしています。そのため、索結果画面の構成についてはたくさんのユーザーに検索してもらい、広告をたくさんクリックしてもらう必要があります。ページを自然検索エリアで提供し、ユーザ ーにとって優秀な検索エンジンであり続ける必要があります。そ
うでなければ、 二度とその検索エンジンで検索をしてもらえなくなるからです。そのため、世界中のサイトを巡回し、それらを分析し、ユーザーの入力キーワードにより合ったページを表示するようアルゴリズムを日々チューニ ングしています。

SEOは検索エンジンが相手なので、しばしば検索エンジンのアルゴリズムの変 更で順位が下がった検索結果に出てこなくなったという話を聞いたことがあるといいます。しかし、 実は検索エンジンの意図 をし っかり理解 して対策を行っておけば、アルゴリズム変更による順位変動の影響を少なくすることができます。

スパム行為(検索エンジンの目をごまかして検索順位を上げようとする悪意のある操作)に対しては徹底的に排除しようと、厳しく目を光らせています。
検索エンジンの商品といえるものは検索結果ページ です。検索エンジンとしては、この検索結果ページl枚でユーサーから割引 されてしまうため、その品質に対しては非常に敏感です。こちらに悪意がなくても検索エンジンに 「スパムである」と誤解されてしまうこともあるため、充分に気を付けましょう。