フレームを付ける

フレーム用の文書型宣言

画面を分割して複数のページを読み込むのが[フレーム]で、通常のHTMLファイルとは少々記述のルールが異なります。フレームを使うページでは、フレーム用の文書型宣言を行います。

frameset・frameタグでフレームを作成

その上で、bodyタグを用いずにframesetタグでフレームの外枠を示します。フレームの中に読み込みたいファイルは、frameタグのsrc属性にファイルのパスを指定します。frameset タグにはcols属性か、rows属性を指定することができ、どのように分割するかをパーセンテージやピクセル数で指定します。サンプルでは第1フレームに「frame1.html」、第2フレームに「frame2.html」というファイルを読み込み@、50%ずつ績に分割しています。frame1.html、frame2.htmlとも、呼び出し元のファイルと同ーの階層にある場合を示しています。

フレームに読み込むベージの作成

フレームに読み込むページを作成します。文書型宣言はフレーム用のものでなく、HTML 4.01Transitionalのものを記述します。index.htmlを読み込ませると、frame1.htmlが左側に、frame2.htmlが右側に読み込まれます。