入力フォームを作成

formタグで枠組みを指定する

ユーザーからの入力を受け取り、何らかの処理を行う仕組みを作成したいときにはページにフォームを配置します。ひとつのフォームの枠組みを規定するのがform要素で、<form>と</form>の聞に各種のパーツ(コントロール)を配置していきます。コントロールには右衰のような種類があります。それぞれの使い方については該当ページを参照してください。

また、form要素には右衰のような属性を指定して入力されたデータの取り扱いなどを定めます。

inputタダのtype属性を「text」にする

名前などの一行の入力欄を作成するには、inputタグのtype属性に「text」を指定します@。この場合、さらに下表の各属性を設定して、入力欄の設定を行います。サンプルではsize属性を20に設定して、半角20文字分の帽で表示しています。name属性で「name」という名前を付け、value属性を「お名前」として、あらかじめ表示しています。

inputタグのtype属性を「checkbox」にする

アンケート項目など.に使用するチェックボックスを作成するにはinputタグのtype属性に「checkbox」を指定します。下衰の各属性を指定して詳細を設定します。name属性を同じにしたチェックボックスは1つのグループとなります。value属性で、送信される値を指定します。