重ね合わせの順番を指定する

zーindlexプ口バティで重ね合わさるような位置指定をされているとき、その重ね合わせの順序は、スタイルシートであとのほうで指定されているものほど手前に表示されます。これを好きな順番で重ね合わせたいときは、重ね合わせに関係する要素にz-indexプ口パティを設定します。z-indexプロパティの値には整数値を指定し、この値が大きいものほど手前に表示されます。

画像やテーブルなどとテキストを並べて配置する際に、画像やテーブルの配置位置を画面の左右どちらかに配置して、それに続くテキストを回り込ませることができます。cssのfloatプロパティを使います。右側に配置するときはfrightJ、左側に配置するときは「left」を設定します。サンプルでは「right」を指定して、画像を右側に配置し、続くテキストを左側に回りこませています。

clear”プ口パティで回り込みを解除

floatプロパティで設定した回り込みを解除するにはclearプロパティを設定します。ただし、ブロックレベル要素にしか設定できない仕様になっています。設定値はfloatプロパティが「right」のときは「right」か「both」、floatプ口パティが「Ieft」のときは「left」か「both」を設定します。サンプルでは、「float:right」で設定した回り込みを次の段落にiclear:rightJを設定して解除しています。