ドイツの SEO SEM

ドイツのネット市場

ドイツはEU諸国のなかでも、オンライン広告が発達している国のlっと言えます。EU内ではイギリスに続いて2番目の市場規模です。また、ネットユーザーも多く、人口の84%近くが利用しています。日本やアメリカよりも高い数字です。

また、ドイツ語は、ドイツ以外の国でも幅広く利用されています。オーストリアでは人口の89%、スイスでは65%、ベルギー、フランス、イタリアの一部でも使われています。実に、世界のネットユーザーの3.6%はドイツ語を使って検索しています。このため、ドイツ語ユーザーをターゲットにする場合、その近隣諸国もターゲ‘ットにすることができます。

ドイツの検索連動型広告

ドイツの検索エンジンは、Googleが94%のシェアを誇ります。ポータルサイト「T-online」も1.3%のシェアがありますが、Googleの検索エンジンを使っているため、実質的にはGoogleと言えるでしょう。オンライン広告市場は成熟しており、SEMの市場は難易度が高いと言えます。

ドイツ語は英語に似ていますが、単語構成が違うものもあるので、GoogleAdWordsでキーワード設定を行う際は注意が必要です。たとえば、「carinsurance」 (自動車保険)は、ドイツ語では「autoversicherung」と1単語になったり、「KFZ-Versicherung」のようにハイフンでつなげたりします。英語と比較すると、lつの単語が長くなる傾向があるようです。こういった事情から、キーワード選定の際にも、必ずネイテイフ。チェックを入れることをおすすめします。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です