言い回しを使いこなす

日本語には様々な表記、言い回しが存在し、それぞれ検索結果も変わってきます。ライバルとの競合を避けるというだけでなく、どの言い回しを採用するかで、検索する読者の層が変わることすらありえます。例えば、「毛染め」と「カラー」。どちらも指し示すものは同じであっても、「毛染め」というキーワードを使うと高齢の層が、「カラー」というキーワードを使うと若い層のアクセスが増加すると予測で きます。

同様に、同じ意味であ っても「アルバイト」は年齢層が高い人が、「バイト」は若い人が、「パート」は女性が使いがちと推測できます。「飴 玉」だと年齢層が高いイメージがあり、関西人なら 「アメチャン」という 言葉を使います。「床屋」は男性が、「美容院」は女性が使うの
が一般的ですが、中には「サロン」という 言葉を使う女性もいます。こうした場合は、 自分が書いた記事のターゲットに合わせた言い回しをキーワードに採用することが大切です。また、言葉の順番が変わると、意味が変わってくるような複合ワードは組み合わせの順番まで気を配りましょう。なお、かなり変化球にはなりますが、実は敢えて誤字・脱字を使うという手もあります。つまり、誤字・脱字で検索をかけてくる人を狙うわけです。ちなみに、誤字は主に「思い込みで間違えているもの」 「一般的に間違えやすいもの」「タイプミス」の3通りあります。
こうしたキーワードを使用できるチャンスはあまりないかもしれませんが、「そういった手段もある 」ということは知っておいて損はないでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です