一覧系(2階層目)、詳細系(3階層目)のページのキーワードについて

【一覧系(2階層目)ページ=ミドルキーワード】
一覧系(2階層目)のページごとのタイトルには、ミドルキーワードを用います。
特にメインキーワードと甲乙付けがたいようなキーワードには、その下の詳細系(3階層目)のぺージ数を多めにするなど、カテゴリ自体に厚みを持たせるようにしてください。
ここでもキーワードは欲張らず、1個だけにしてください。
たくさんキーワードを設定したくなったら、カテゴリに当たる一覧系(2階層目)のぺージを増やしたり、詳細系(3階層目)のページを増やすことで対応してください。
※一覧系(2階層目)の<title>タグの記述例
<title>ミドルキーワード</title> → <title>中古車販売</title>

【詳細系(3階層目)ページ=サブキーワード】
詳細系(3階層目)のページごとのタイトルには、サブキーワードを用います。
Amazon.comようにロングテールを狙うのであれば、スモールキーワードも生かしていくとよいでしょう。
1ページのアクセスは少なくても、詳細系(3階層目)のページがたくさんあれば、細かいアクセスが積み重なり、Webサイト全体で見るとロングテール効果を生み出す結果となります。
※詳細系(3階層目)の<title>タグの記述例
<title>サブキーワード</title> → <title>トヨタの中古車販売</title>

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です