<h>要素(見出しタグ)

【<h>タグで見出しをつける】
<h>タグは、<h1>~<h6>まである見出しタグです。
しかし、実際に原稿レベルで6段階にも細分化された見出しを使いこなすのは非常に難しいので、まずは<h1>~<h3>までの3段階を使いこなせるようになりましょう。
考え方としては「<h1>大見出し</h1>」、「<h2>中見出し</h2>」、「<h3>小見出し</h3>」といったような感じで、「大」「中」「 小」ととらえると原稿が書きやすくなると思います。

・大見出し.....<h1>
・中見出し.....<h2>
・小見出し.....<h3>

<h>タグを使ううえで、の注意点は、大きくふたつあります。
ひとつ目として、<h1>タグは、1ページ内で1度だけ使うようにしてください。
<h1>タグがSEO対策で効果があると過剰な期待をして、ひとつのページ内に何度も使うのは、逆効果です。
ふたつ目は、<h>タグを使う順番です。
たとえば、<h1>よりも先に<h2>や<h3>を使わないでください。
ただし、<h2>の次に<h3>が入り、そのあとにまた<h2>が入るような構成は問題ありません。

【<h1>大見出しは1ページに1個】
原稿を書く際にページごとに必ず付けてほしいのが「大見出し」です。
大見出しは、1ページにつき1つだけ付けるようにしてください。
これが、コーディングの際には、<h1>タグになります。
<h1>タグはSEO的にも重要なタグですので、原稿を書く際には、いくつか気を付けてほしい点があります。
ひとつ目は、キーワードを文頭に入れて文章を考えてほしいというものです。
ふたつ目として、<h1>タグは、キャッチコピー的な要素もありますので、来訪者の注意や関心を引くような文章を考えて入れてください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です