エラーページの作成

検索エンジンの「404エラーページ」に対する評価をまとめてみると、高評価を受けているページというのは、基本的に「閲覧者に対して次に助けとなる手を差しのべているか」といったことや、「制作者がエラーページに対して、時間と努力を惜しまずに手をかけているか」というような要素が見えるかどうがというのが大きな判断基準と言えるのではないでしょうか。つまり、404エラーを改善していくより、閲覧者にとって役に立つようなオリジナリティとホスピタリティの溢れる404エラーページを作成するということが、SEOにとっては重要なことと言えるようです。また、こういった404エラーページを作成することは、ガイドラインに記載されている評価以外にも、 SEOに関係してくることがあるようです。それは、検索エンジンの巡回への影響と言えるでしょう。検索エンジンの巡回というのも、閲覧者と同様にサイトを回遊していることはご存知でしょう。つまり、検索エンジンも404エラーページに行き着くことがあると言えるでしょう。このようなエラーページを作成しなかった場合、「404 not found」とだけしか表示されないデフォルトの404エラーページが表示されることになるでしょう。当然そのページからはどこにも遷移できないため、検索エンジンはそれ以上サイトを回遊することができなくなるでしょう。巡回が行き止まりに行き着いてしまうと、本当に見て欲しいコンテンツのページに辿りつけない可能性もあるでしょう。サイトをしっかりと評価してもらうためには、エラーページの作成というのも重要なSEOと捉えられるのではないでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です