アクション率の高い顧客とSEO

SEO対策の中で求められる要素として、「アクション率の高い顧客の集客率」というものが挙げられます。「アクション率の高い顧客」とは、どのようなお客様なのでしょうか?皆さんが、インターネット商店の中で集客をめざすとすると、どのようなお客様を望みますか?スーパーなどで、商品のデモストレーションをしながら、商品を販売している光景を目にした事はありますか?例えば、「牛乳」のデモストレーションをする際には、牛乳の陳列コーナーで、デモストレーションしていますよね?これは、「牛乳」を購入にスーパーを訪れたお客様に、数ある「牛乳」商品の中から、「我メーカーの牛乳は美味しいですよ」「いつもは、他メーカーの牛乳かもしれませんが、本日は、我メーカーの牛乳もお試しください」というアピールの元、『牛乳を買いにスーパーを訪れた人々』を対象にデモストレーションを行っているのです。元々、牛乳を購入する為に、スーパーを訪れているのですから、わざわざ「牛乳」のデモストレーションを行う事で、興味をもって頂ける確率というものが、必然的に高くなりますよね?もし洗剤やトイレットペーパーなどの日用品を陳列しているコーナーで「牛乳」のデモストレーションを行った場合と比較すると、どちらがより、お客様の興味を引きつける事ができるでしょうか?「洗剤やトイレットペーパーなどの日用品」は、牛乳の購入とは、関連性が低いので、通常は、お客様の興味を引く可能性は低いのではないかと考えられます。牛乳のデモストレーションを、商品販売に繋げていくには、牛乳のコーナー、もしくは牛乳に関する関連商品のコーナーでデモストレーションする事が望ましいのではないでしょうか?例えば、牛乳を使用する、ホットケーキやココア、ホワイトシチューなどのコーナーで、「牛乳」の関連付けを行う事で、牛乳に興味のあるお客様に遭遇する確率を上げるといった試みです。インターネット上のSEO対策の中でも、このような商品の関連付けを行う事で集客率を上げ、さらに販売や購入に繋げていく考え方を、「アクション率の高い顧客の集客率」を高めるSEO対策などと表現する事が」あります。■SEO対策の中では、「アクション率」=「お客様の商品の購買率」と表現する事が多いです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です