ネットユーザーたちのわがまま

多くのネットユーザーたちは、だらだらとした長文を苦手としているなどと言われているようです。ウェブサイト上の中でも、トップページなどには、サイト上の顔として様々な紹介文や商品説明などといったものが、重要視されていますが、SEO 的な部分からすると、文字の「量」は大切であるとされています。ですが、実際に、サイト内を訪れるユーザーたちの目線からすると、量の多い文章であるよりは、わかりやすい端的な内容であるほうが、心地よくサイト上を行きかうことができるのではないでしょうか。リッチなコンテンツをざっくり読みたいと言ったような、ユーザー心を刺激するような、記事内容を、定期的に掲載することで、ユーザーたちの商品購買欲を刺激したり、さらなるアクションとして、商品購入へつなげていくことになるでしょう。インターネット上では、膨大な情報がちりばめられていることから、一つのサイ上で、長居することを嫌うユーザーたちもいるようです。なるべく、多くの情報を得たいというような欲求から、そのような行動パターンが生まれてくるのかもしれませんが、そのようなユーザー主体のウェブサイトを作成することも、集客や、リピーターを生み出すためには、重要な要素となってくるでしょう。ウェブサイトを制作する側としては、ユーザーの行動パターンを読み取り、また顧客心理などを、刺激する形でのサイト作りが、何よりも求められてくるのかもしれません。実際に、リンクを貼ったとしても、サイトページの概要だけを眺めて帰ってしまうユーザーさんたちもいることから、重要なことは記事内容の先頭部分に書き込む、などといったようなサイト運営側での工夫が必要とされてくるかもしれませんね 。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です