USPとウェブサイト

ウェブサイトは自社のサービス、商品の素晴らしさを伝えるツールですから、そこで記述される内容には注意を払う必要があります。訴求力の高い記述を心掛けると、文面は自然とUSPに向かいます。USPとは、競合他社の商品との違いであり、最大の売りを意味します。USPが記述されているサイトは、ターゲット層に注目してもらえる可能性が高いと言えます。しかしどの企業も自社商品(サービス)の差別化に苦労しているのが実情であり、簡単にUSPをアピールすることなどできません。ではどうすればUSPを捻り出すことが出来るのでしょうか。自社の商品のユニークさを知りたいわけですから、競合他社の商品を調べないわけにはいきません。まずは他社のサイトでアピールポイントを抽出し、それが自社の商品と比べてどうであるのかを纏めます。その作業を繰り返すうちに、自然と自社商品の特色が見えてくるはずです。ではその導出されたUSPを上手くサイトに載せるためにはどうすればよいのでしょうか。長々と記述しても誰も読んでくれませんから、キャッチコピーでユーザーの目をくぎ付けにします。キャッチコピーはUSPを少し具体化して50字前後に縮約したものだと考えて下さい。その際、数字を入れると効果的です。利用のメリットを明確に伝えると共に、使用後の満足が想像できるような文章に纏めます。キャッチコピーを作成する時は、自分だけで行おうとせず、必ず同僚からアイデアを貰ってください。そして過去のクライアントの声を聞き、何に満足してもらえたのかを明確にして下さい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です