SEO文章

SEO(検索エンジン最適化)を考えたこれからのWebライティングは、検索ロボットと検索ユーザーの両者を考えた対策が有効と言われています。具体的に言えば、検索キーワードに挙げられそうな言葉をできるだけ多く含めるといった文字密度の濃い文章、文字数が1000~1500語程度を確保するような量にもこだわったものが良いとされています。ただ気を付けなくてはいけないのは、検索ロボットにヒットする言葉を多く含めたからと言って、ユーザーからは冗長的な文書と感じられてしまっては何にもなりません。そのうち検索ロボットも「質の良さ」を理解するまでレベルアップしてくることも考えられます。例えば、「まず最初に、お伝えしておきたいことがあります」といった文章をどう思いますか。「まず」と「最初」は同じような意味合いの言葉が繰り返されています。こんな時は「最初に、お伝えしておきたいことがあります」とすべきでしょう。似たような事例は、他にもいくらでも挙げられそうです。「例えば例文として」は「例文として」とか「配下のもとで」は「配下で」、「すぐ直前で」は「直前で」といった具合です。常日頃から、この文章に冗長となっているようなところは無いか自身で問いかけながら文章を書く習慣付けを心掛けましょう。これからのWebライティングは、SEO(検索エンジン最適化)対策からも検索ロボットと検索ユーザーの両者を考えていくことが大切と言われています。関連キーワードを極力多く含めた方がいいとか、文字数は1000~1500文字程度を目安に量も大事、といった事がよく言われています。一方で、読み手に「くどさ」を感じられないようにすべき、とも言います。また、表現は簡潔であるべき、という指摘もあります。具体的には、文末の冗長回避や否定の否定といった表現が相当します。冗長回避例として「一生懸命練習すれば、いずれライバルを追い越すことができるだろう」の「~できるだろう」は「~だろう」だけで充分でしょう。また、「マンションが林立すると、価格が下がり購入しやすくなるということが言われています」などは「マンションが林立すると、価格が下がり購入しやすくなると言われています」というようにすっきりとした文末したほうがいいでしょう。また否定の繰り返し表現も、断定しづらい時によく使われているのを見かけます。例えば「本当のことを言うのは、難しいと言えないこともない」などは「本当のことを言うのは難しい」と素直に書いた方がいいでしょう。また「そのやり方なら、万全と言えないこともない」は「そのやり方なら万全だ」も同様です。すっきりと言い切る文章は、読み手に不安感を持たせない良い文章と言えるでしょう。SEO(検索エンジン最適化)を考えたこれからのWebライティングは、検索ロボットと検索ユーザーの両者を考えた対策が有効と言われています。具体的に言えば、検索キーワードに挙げられそうな言葉をできるだけ多く含めるといった文字密度の濃い文章、文字数が1000~1500語程度を確保するような量にもこだわったものが良いとされています。ただ気を付けなくてはいけないのは、検索ロボットにヒットする言葉を多く含めたからと言って、ユーザーからは冗長的な文書と感じられてしまっては何にもなりません。そのうち検索ロボットも「質の良さ」を理解するまでレベルアップしてくることも考えられます。例えば、「まず最初に、お伝えしておきたいことがあります」といった文章をどう思いますか。「まず」と「最初」は同じような意味合いの言葉が繰り返されています。こんな時は「最初に、お伝えしておきたいことがあります」とすべきでしょう。似たような事例は、他にもいくらでも挙げられそうです。「例えば例文として」は「例文として」とか「配下のもとで」は「配下で」、「すぐ直前で」は「直前で」といった具合です。常日頃から、この文章に冗長となっているようなところは無いか自身で問いかけながら文章を書く習慣付けを心掛けましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です