SEO の共起語

メインキーワードのアンカーテキストは20% に調節するといいでしょう。
アンカーテキストは、リンク先のホームページで使われているキーワード と関連性がある場合、より強い SEO の効果を発揮します。ですので、ホームページの トップページに使用したメインキーワードがアンカ ーテキストとし て集まるよう、サテライトサイトのアンカーテキス卜で調節しましょう。すべてのアンカ ーテキス卜のうち30% 前後がトップページのキーワードと 重複していると理想的です。共起語をアンカーテキス卜に使ってみる。メインキ ーワードで30 %のアンカ ーテキストを獲得しつつ、サテライトサ イトを量産できる体制が整ったら、残りの70% のアンカーテキストを工夫し てみましょう。お勧めなのは「共起語」を使ったアンカーテキス卜です。 コンテンツ内における共起語が重要です。実はこの共起語にもアンカーテキストは反応します。コンテンツ内で 追加した共起語をアンカ ーテキ ストとして送った途端、検索結果の順位が急上昇した例がいくつもあるのです。 ただし、この施策も一定の法則に従って行えるものではなく、経験に頼る部分が大きいのが現状です。また今後も、明確な法則によって共起語の使い 方が説明されることはないと思います。それでも現在の SEO では、共起語が 非常に重要な要素であることは間違いないので、コンテンツ対策時と同じく、 共起語によるアンカ ーテキス卜の補充も実践してください。